シロアリ予防・駆除作業

シロアリを予防する方法として、シロアリが生息できる環境を出来る限り作らないことが重要です。

シロアリ予防には新築をはじめ、既築の予防作業があります。
被害がない状態を床下検査し予防(木部処理・土壌処理)を行います。
床下の環境改善として基礎を高く床下の換気を十分に行い湿気を溜めない工夫や、雨漏りや漏水の配慮をします。基礎回りには、換気を邪魔する物を置かない事が重要です。(サンルームやウッドデッキも要注意)
シロアリ駆除の場合は、同じように床下検査を行い、シロアリの被害がどこまで及んでいるのかを確認します。
その状態により、被害にあっている木材に穴をあけて薬剤を散布する。また、床下全体土壌部(ベタ基礎も含む)へも、薬剤散布を行いシロアリの駆除となります。
以上のように、被害箇所を含め木部処理及び土壌処理を行います。

通常の薬剤散布施工をはじめ、MC(マイクロ)剤施工、発泡施工、ベイト工法、土壌皮膜形成工法等、現場に合わせた施工をご提案いたします。

また、新潟地域は湿度も高い為、環境に優しい床下の湿度対策(調湿剤・換気扇システム)も合わせてご提案いたします。

seiho_img01
大きな換気効果が期待できる床下換気扇
セイホープロダクツ株式会社 提供 シミュレーションスタジオ-スモーク実験 V4.0
http://www.seiho-sdk.co.jp/simulationdvd.html
約10坪の実験用床下モデルを使い、スモークを利用して、床下の空気の流れによる換気扇の効果を実際に確認できます

tikutan_img02
床下の湿気をコントロールする床下乾々竹炭マット
http://www.seiho-sdk.co.jp/tm450.html
床下保全用散布材調湿・脱臭・防虫・防カビ ゼオエース・プロ
http://www.seiho-sdk.co.jp/zam500.html